転職フェアのメリットと注意点とは

商工会議所や自治体、各種転職サービスの運営団体が行う転職フェアが存在します。これは様々な理由で職を失った人や、有望な人材を発掘するために行われているもので、会場と日時をして複数の企業の情報を一気に出ることができるものです。

一方で複数の企業が時間枠を区切って説明会などを行うため、深く突っ込んだ話が聞き辛いなどデメリットも存在します。

 

1.複数の企業の生の情報を聞くことができる

 

転職フェアは合同企業説明会として開かれることも多く、様々な企業が集まって多くの情報に触れることができます。時間制で何回かに分けて企業側の説明会を開くのが通常で、会場に出入り自由、どの説明会に参加するかも自由なケースが多くなっています。

効率的に会場を回ることも重要で、目的意識がしっかりしていなければホームページなどを見て調べる程度の情報しか得られないこともあるため注意が必要です。

事前に企業の情報を調べた上で、より深く聞きたい質問を用意していった方が時間を有効に使えます。担当者の生の声が聞けるのも醍醐味といえます。

 

2.滅多に求人を出さない企業が出ることも

 

転職フェアの大きな魅力の一つが、あまり求人情報を出さない企業に出会える可能性があることです。

非公開求人や地元に絞り込んだ採用を行っている企業も多く、普段触れられない情報も多いことから、珍しい企業が参加しているときだけ転職フェアに行くと言うのも一つの方法です。

キャリアアップに役立つ企業や、優良な中小企業であるケースも多く一つの目玉となることもあります。なかなか情報公開が行われない場合もあるため、転職フェアの積極的な予約や問い合わせが重要になってきます。

特に参加企業の除法が公開されていない場合は当日行っても時間の無駄になってしまうケースも存在するため、業界動向を知りたいなど大まかな括りでなければ避けた方が無難なのです。

 

3.そのままエントリーに繋がることも

 

同じ転職フェアに参加する企業であっても考え方は異なっており、説明会に参加した後にそのまま直接エントリーシートを提出し、転職活動のきっかけにつなげることができる場合もあります。

履歴書が必要か不要かを確認しておくことも重要で、場合によっては郵送で履歴書を送るように依頼される場合もあります。

説明会で興味を引かれなかったらエントリー自体をしないのも方法で、主導権はあくまで自分にあることにも注意する必要があります。惰性でエントリーしても時間の無駄になることもあるため、断る時は断ることも重要なのです。

意外と知らない転職成功者の「応募数の法則」|転職エージェントのアデコ

 

転職フェア活用のポイント

 

転職フェアには以下のメリットがあります。

・現場の生の声が聴ける
・滅多に求人を出さない企業が参加することもある
・エントリーに繋がることもある

様々な企業が参加するため、無目的で行っては何もつかめずに終わってしまうことがある点は注意が必要です。必ず参加企業の事前確認を行うことは重要で、行き当たりばったりでいっても時間を無駄にする可能性が高くなるだけです。

ホームページなどでも多くの情報を収集できるため、それ以上の情報や、珍しい企業の説明会に参加さるなど、自分に生かしやすいポイントを整理しておくのがポイントなのです。

直接応募をするとどのようなメリットがあるか

転職活動で何らかの求人に応募する場合、2種類の方法があります。直接応募と呼ばれる方法と、サイトを経由する方法があるのです。

どちらもそれぞれメリットやデメリットがありますが、総合的にみればサイトを経由する方がメリットは大きいです。

 

1.サイトを経由せず応募する方法

 

例えばどこかのサイトにて、ある会社の求人を見かけたとします。そして求人広告には、大抵は会社のメアドや電話番号なども記載されているのです。

実はそこの窓口から、直接その会社に対して応募する事も可能なのですね。サイトを経由して応募するとなると、大抵は所定のボタンをクリックするでしょう。

しかし敢えてそれをクリックせずに、自分で直接電話などで問い合わせをして、応募してみる方法もある訳ですね。

 

2.直接応募の早さに関わるメリット

 

その直接の方法によるメリットとしては、まずスピードが挙げられます。サイトを経由して応募する事も可能ですが、それは若干時間がかかるのも事実ですね。

応募者と転職希望先との間に、サイトが入ってくるからです。間にどこかの業者が入れば、大抵は時間がかかるものです。

しかし直接の方法は、間にどこかの業者も入ってこないので、日程調整などのやり取りは比較的スムーズなのですね。

 

3.採用のスピードにもメリットが

 

また応募する時の早さだけでなく、採用も同様です。直接のやり方の場合は、合否が出るまでのスピードも比較的早いのですね。

サイトを経由すると3日前後かかるケースもありますが、直接の場合はそれよりも1日ほど早まるケースも見られます。1日でも早く働きたい時には、直接の方が良い事もあるのです。

 

4.話しづらい事を代行してくれる

 

逆にデメリットもあります。まず条件などを確認しづらい点です。転職活動を行う場合は、希望する勤務先と給料の交渉を行う事もありますが、それはなかなか自分では良い出しづらい一面もあるでしょう。

直接の場合は、それを自分で言わなければなりません。しかしサイトを経由すると、その交渉などは代行してくれるのですね。言い出しづらい事を代行してくれる訳ですから、かえって応募しやすい一面もあります。

 

5.お祝い金が発生する

 

それとこのメリットが大きいのですが、サイトを経由して応募をした場合は、大抵はお祝い金が発生します。サイトによっては、その金額がかなり大きいこともあります。

ある医療関係の転職サイトの場合は、最大で20万円まで支給されるのですね。しかし直接応募した場合は、それは支給されないことになるのです。

ですのでお金を受け取れるという意味では、サイトの方がメリットは大きいでしょう。ただしそのお金を受け取る為には、いくつかの条件を満たす必要もあります。

 

速さ重視なら直接が良い

 

以上から、

・早さを求めるなら直接応募がベター
・サイトには代行してくれるメリットが
・サイトにはお祝い金がある

2つの応募方法には、このような違いが見られます。総じてスピードを求めるなら直接応募がおすすめで、代行などを依頼したい時にはサイトを経由して応募するのが良いでしょう。

転職活動にも旬がある?転職にちょうどよい時期はいつ?|とらばー

エージェントを比較する為の様々な基準

転職活動を行う昨今の方々は、たいていはエージェントを活用しています。

いわゆるお仕事探しをサポートするサービスです。お仕事を探すことに関するアドバイスなども行ってくれますし、そもそも一番肝心の求人情報などの提供してくれるのですね。

ただそれにも多数の会社があるのも事実です。基本的には複数社を比較して、自分に一番最適なサービスを選ぶことになるでしょう。

いいとこあれば転職慎重派のためのプライベートオファー – リクナビNEXT

 

1.案件数で比較をする

 

具体的にどのような比較基準があるかと言うと、まず案件数の多さが挙げられます。各エージェントにより、掲載数も少々異なっているのですね。

例えば会社Aの場合は掲載数が2,000前後ですが、会社Bの場合は5,000前後などと異なります。そして転職活動をする方の中には、案件の多さを重視する方も見られるのです。

案件が多ければ、それだけ選択肢も幅広くなるでしょう。その方にとっては、やはり上述のBがベターと言えます。

 

2.独自案件の数も比較ポイント

 

またエージェントによっては、独自の案件を抱えている事もあるのです。そもそも求人広告というのは、他社とバッティングをするケースも見られます。

会社Aの求人が、B社とC社のサイトで掲載されている事もたまにあるのです。複数社がバッティングしている例ですね。しかしDという案件を、Eという会社だけが抱えている事もあります。

他社がその案件を抱えることはなく、他ではなかなか見かけない求人を抱えるエージェントも、中には存在する訳です。そのような独自案件の数の多さなども、各会社を比べる基準の1つになるでしょう。

独自案件に限って、案外と良いお仕事が眠っているケースも少なくないからです。

 

3.エージェントの得意分野で比べる

 

それとそれぞれのエージェントは、実は得意分野も大きく異なります。中には特定の分野に特化する会社も見られるのですね。例えばあるサイトの場合は、IT関連の転職の情報のみを掲載しています。

他の業界の求人などは、一切掲載をしています。つまりそこは、ITに大きな強みがある訳ですね。その他にもコールセンター専門や飲食専門など、それぞれ得意分野は異なる訳です。

特定の業界に強みがある会社などは、かなり珍しい求人を抱えている事もあります。ですので飲食業での転職を望むならば、飲食専門のエージェントなどを活用してみるのも良いでしょう。

各エージェントの専門分野は、比較基準の1つになるのですね。

 

4.サポートの質で比べる

 

またそれぞれの会社によって、サポートの親切さなども異なります。各会社では必ず担当の方がついてくれますが、どれだけ親身に対応してくれるかも、やはり会社によって異なるのですね。

もちろん親身に対応してくれる会社の方がベターと言えます。

 

色々な観点で各社を比較する

 

このように転職用のエージェントを比べる基準は、次のように色々とあります。

・求人掲載数
・独自案件の数
・得意分野
・サポートの質

それらの複数の要素を比べてみて、自分なりに一番良さそうな所を選ぶと良いでしょう。特に3つ目と4つ目は、かなり大切な比較基準の1つですね。

転職の際、エージェントを使う方が有利でしょうか?

最近、電車やテレビで転職エージェントの広告を見ます。転職エージェント、って何をしてくれるのか?又、転職エージェントを使った際のメリット、デメリットについて見てみたいと思います。

 

1.たくさんの情報を持っている

 

エージェントの人は、当然ですが、我々よりも多くの求人情報を持っています。

そのため、自分では見つけられなかった会社のポジションを、「あなたのスキルにあうので、いかがでしょうか?」と進めてくれる場合もありますし、中には非公開のエージェントだけが知っている求人もあります。

そのため、XXXみたいな事がやりたいんだけれども、どこの会社に行ったら良いかがわからない、という人には特にお奨めです。

又、彼らは大規模なデータベースを持っています。あなたのスキルや年齢、やりたい事などをコンピューターにインプットする事により、マッチする求人を探しだす事ができます。

マニュアルで求人雑誌や求人広告をさがすよりも、効率的にあなたに合う仕事を探す事ができるかもしれません。

 

2.履歴書の書き方、面接についてアドバイスをくれる

 

転職のエージェントは、プロなので、どのような履歴書が書類選考に通りやすいか、面接でどのような受け答えをすれば面接官の印象が良いか、を熟知しています。

又、過去にその会社に応募した人から、面接でどのような質問をされたか、というデータを集めていますので、応募する会社の傾向と対策を教えてくれる可能性もあります。

さらに、会社に出入りして、その会社でどのような人材が必要か、という話を聞いてきますので、その会社の社風、人事の人の性格、応募する部門の仕事内容、等の情報も持っています。

転職というのは、孤独な活動になりがちですので、転職エージェントをうまく使う事により、転職を効率よく行う事ができますし、精神的にも楽になる可能性があります。

受かる! 志望動機・理由の書き方、伝え方 – マイナビ転職

 

3.転職エージェントを使うデメリットはあるのか?

 

ここまで、転職エージェントのメリットについて書いてきましたが、気を付けないと、デメリットといえる部分もあります。まず1つ目は、転職エージェントはあなたが転職しようとしている分野の専門家ではないという事です。

例えば、ITの領域でいえば、あなたはソフトウェアのエンジニアなのに、ネットワークのエンジニアのポジションを勧めてくる事があります。

これは、エージェントにITの知識がなく、あなたのスキルと会社の求めるスキルの適切なマッチングができないために発生しているのです。もう1つは、不必要な転職を奨めてくる可能性がある、という事です。

転職エージェントは、転職者が入社を決める事により、成功報酬を受け取ります。そのため、その成功報酬が欲しいために、今の会社で働いていた方がいいのに、不必要な転職を奨めてくる事があるのです。

 

エージェントは上手に使って上手に転職

 

転職という人生の一大事について最終判断を下すのはあなたです。エージェントはあくまでも、お手伝い役ですので、上手に使って上手に転職をしましょう。

転職するならハローワークがオススメ

もうすぐ桜の季節ですね。春といえば新しいことを始めたりするには丁度いいタイミングですね。アルバイトや、正社員の方も転職するのは、このシーズンが一番多いのではないでしょうか。

転職する際にはハローワークが斡旋してくれたりと、いろいろ便利です。今回はそんなハローワークがオススメの理由をご紹介していきます。

 

1.ハローワークってどんなところ?

 

そもそもハローワーク(公共職業安定所)とは、国が所轄している職業紹介事業を行う機関です。公のサービスになりますので職業紹介や就職支援のサービスは無料にて行っています。

またハローワークでは、雇用保険に関する手続きや、助成金関係の事務、また職業訓練のあっせんなどなども行っています。略して「職安(しょくあん)」などと呼ばれていますね。

民間の職業紹介サイトなどがありますが、それの公共サービス版がハローワークにあたるわけなんですね。ハローワークはどこの自治体にも設置されていますので、みんなが等しくサービスを受けることができます。

なお、ハローワークに行くと職員の方が職業検索の仕方などを教えてくれるので、初めて行く場合であっても安心です。

 

2.ハローワークで仕事を見つけるメリット

 

ハローワークで仕事を見つけるメリットは2点あります。一つは、仕事を「無料」でみつけられるということ。そしてもう一つは、ハローワークを使って応募した時に比較的企業に採用されやすい(傾向がある)ということです。

どういうことかひとつずつ紹介していきましょう。前者に関しては、民間の職業紹介サービス会社などの場合、雇用契約が締結されれば紹介手数料が紹介会社に入る仕組みになっています。

そのため、採用にはコストがかかるためその費用は、企業側や採用される側が負担することになります。ハローワークは公のサービスですので完全無料です。

そして、一つ目の理由のために、企業側としては「採用コストを払うのであればいい人材が欲しい」というふうに当然なります。そのため企業は応募者を精査することになるでしょう。

言い方は悪いですが、無料のハローワークでは応募者をそこまで精査することはありません。ですので民間の職業紹介会社に比べ、比較的採用されやすいのです。それはハローワークと企業が有料の契約を結んでいないからといえるでしょう。

 

3.インターネットを使って職業検索できる

 

ハローワークはインターネットを使って職業検索することもできます。各自治体ごとに検索できますので、お手持ちのスマホで是非みてみましょう。きっと、いい職業がみつかることでしょう。

また、きになる職業があればハローワークに問い合わせをすれば詳細を教えてもらうこともできます。民間の転職サイトや求人サイトには載っていない求人もハローワークには載っていたりするので、是非チェックされることをオススメします。

 

まとめ.一度ハローワークに行ってみましょう

 

すぐに転職先を探さなくても大丈夫です。ハローワークでは、雇用保険の給付手続きなどもできるので、失業給付を受けながらゆっくり次の仕事を探すことも可能です。以下にハローワークの要点をまとめてみました。

・職業訓練を受けることができる
・ハローワークは全て無料
・無料のため応募したら採用されやすい傾向がある
・ネットを使い自宅で検索することも可

以上の要点などを踏まえてハローワークをうまく活用すれば選択肢を多く持つことができます。ハローワークはきっとあなたの転職活動に役立つことでしょう。

 

転職でボーナスありの会社を見分けるポイントとは?

 

前職でボーナスが無かったり、雀の涙ほどだった場合は転職する事でボーナスありの企業に就職する事を夢見るものです。求人を見ただけでボーナスありの会社かどうかを見分けるにはどうすれば良いのでしょうか?

今回はボーナスありの会社の可能性が高い求人の見分け方・探し方などについてまとめてみました。

 

1.ボーナスありの仕事はハローワークで探すのが近道

 

転職の際にボーナスありの仕事を探すのであれば、ハローワークで探すのが一番の近道です。

ハローワークの求人票にはボーナスが1年で何回・何か月分支給されるのかを見る事が出来る欄がありますし、その他の待遇などを他の媒体よりも詳しく知る事が出来る上、都合の悪い事を隠して求人を出している企業が比較的少なめなので情報の信頼度が高いのが特徴です。

無料配布の求人誌よりも正社員の求人が多いので、転職の際にはハローワークでの求人チェックは欠かせないでしょう。

 

2.インターネットの求人サイトでもはっきり明示されている場合も

 

インターネットの求人サイトは比較的派遣やアルバイト寄りの情報を多く掲載している場合もありますが、その一方で正社員の求人を中心に掲載しているサイトも多くあります。

正社員の求人を多く載せている所ではハローワーク同様、ボーナスや給与・仕事内容などのデータを詳しく載せている事も多いので、ハローワークの他に求人を探す媒体として活用してみると良いでしょう。

参照:『転職サイトでおすすめなサイト一覧

時にはハローワークで出ていない大手企業の求人が載る事もあります。

 

3.職安の求人のボーナス欄が○○はNG

 

職安(ハローワーク)の求人票を見た時に、ボーナスが何か月分支給されるのか・ボーナスが年何回あるのかなどが全く書かれておらず、空欄になっているような企業は応募するのを避けておくのが無難です。

この欄が空欄になっている場合はボーナスが無いという事か、もしくはあっても寸志程度の場合が多いです。

特殊な例ですが、この欄が空欄になっていたとしても、求人票の下の方に「会社の業績による」と書かれている事があり、その場合には割と普通にボーナスを支給してくれる会社である事も多々あります。

これを踏まえてボーナスありの企業を見分けるためには、

・求人票を見た時にボーナスが何か月かしっかり記載されている
・一年で支給されるボーナスが最低でも3ヶ月分、出来れば4ヶ月以上ある所
・福利厚生の部分がしっかりしており、昇給の欄もしっかり書かれている

このあたりに注目してみると良いかもしれません。

 

ボーナス無しを避けるのが目的

 

ハローワークに出ている求人内容は信頼性が高い物が多いですが、現状のシステムでは意外とブラック企業や裏で汚い事をしている会社も求人が出せてしまいます。

ボーナスありと書いてあっても中には丸一年働いて3回目のボーナスでようやくまともに支給する所もあります。

こういう微妙にセコい会社に当たってしまう可能性はゼロには出来ませんが、上記を参考にする事でボーナス無しを避ける事が出来る確率が高まるでしょう。