エージェントを比較する為の様々な基準

転職活動を行う昨今の方々は、たいていはエージェントを活用しています。

いわゆるお仕事探しをサポートするサービスです。お仕事を探すことに関するアドバイスなども行ってくれますし、そもそも一番肝心の求人情報などの提供してくれるのですね。

ただそれにも多数の会社があるのも事実です。基本的には複数社を比較して、自分に一番最適なサービスを選ぶことになるでしょう。

いいとこあれば転職慎重派のためのプライベートオファー – リクナビNEXT

 

1.案件数で比較をする

 

具体的にどのような比較基準があるかと言うと、まず案件数の多さが挙げられます。各エージェントにより、掲載数も少々異なっているのですね。

例えば会社Aの場合は掲載数が2,000前後ですが、会社Bの場合は5,000前後などと異なります。そして転職活動をする方の中には、案件の多さを重視する方も見られるのです。

案件が多ければ、それだけ選択肢も幅広くなるでしょう。その方にとっては、やはり上述のBがベターと言えます。

 

2.独自案件の数も比較ポイント

 

またエージェントによっては、独自の案件を抱えている事もあるのです。そもそも求人広告というのは、他社とバッティングをするケースも見られます。

会社Aの求人が、B社とC社のサイトで掲載されている事もたまにあるのです。複数社がバッティングしている例ですね。しかしDという案件を、Eという会社だけが抱えている事もあります。

他社がその案件を抱えることはなく、他ではなかなか見かけない求人を抱えるエージェントも、中には存在する訳です。そのような独自案件の数の多さなども、各会社を比べる基準の1つになるでしょう。

独自案件に限って、案外と良いお仕事が眠っているケースも少なくないからです。

 

3.エージェントの得意分野で比べる

 

それとそれぞれのエージェントは、実は得意分野も大きく異なります。中には特定の分野に特化する会社も見られるのですね。例えばあるサイトの場合は、IT関連の転職の情報のみを掲載しています。

他の業界の求人などは、一切掲載をしています。つまりそこは、ITに大きな強みがある訳ですね。その他にもコールセンター専門や飲食専門など、それぞれ得意分野は異なる訳です。

特定の業界に強みがある会社などは、かなり珍しい求人を抱えている事もあります。ですので飲食業での転職を望むならば、飲食専門のエージェントなどを活用してみるのも良いでしょう。

各エージェントの専門分野は、比較基準の1つになるのですね。

 

4.サポートの質で比べる

 

またそれぞれの会社によって、サポートの親切さなども異なります。各会社では必ず担当の方がついてくれますが、どれだけ親身に対応してくれるかも、やはり会社によって異なるのですね。

もちろん親身に対応してくれる会社の方がベターと言えます。

 

色々な観点で各社を比較する

 

このように転職用のエージェントを比べる基準は、次のように色々とあります。

・求人掲載数
・独自案件の数
・得意分野
・サポートの質

それらの複数の要素を比べてみて、自分なりに一番良さそうな所を選ぶと良いでしょう。特に3つ目と4つ目は、かなり大切な比較基準の1つですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です