高まる家族間での転職会議の重要性とは

家族間のコミュニケーション不足から転職が立ち消えになるケースが目立つようになっています。中には転職に納得できない妻から新しい転職先に直接連絡があるケースもあり、仕事どころではなくなってしまうケースもあるのです。

子供の将来や親の介護といった問題が絡むケースもあるため、家族観での転職会議も重要になっているのです。

 

1.見通しが甘いとトラブルのもとになる

 

自分の意志とは関係ない所で妻が転職先の断りの連絡を入れることや、強硬に反対されて転職を諦めざるをえなくなる嫁ブロックという現象が企業にもリスクとして認識されつつあります。

苦労して転職を決めても家族の反対で立ち消えになっては努力自体が徒労になるだけでなく、受け入れ態勢を作る企業側にも損失が発生することもあります。

転職を決めてから事後承諾で受け入れられるとは限らず、強硬に反対される可能性も考慮する必要があります。

また、妻の意志だけでなく、子供の進学や親の介護の問題を視野に入れないと反対を招くケースも多く、家族に家計を預けっぱなしでは経済的な余裕がないために物理的に不可能といったケースすら出てきます。

しっかりと家族会議で現状を確認し、問題点を洗い出す必要があるのです。

 

2.家族会議で転職のメリットを説明する

 

もちろん、転職会議では転職のメリットを説明する必要があります。欠点ばかりではよほど広い心の家族でなければ反対を受ける可能性が出てきます。貯金や資産といった現在の家計の状況を確認することも必要になってきます。

積極的に家計を関心を持っていないと、ローンや将来的な収入予測とのバランスをとることも難しくなります。家計が毎月赤字になっているようであれば転職どころの話ではなくなる場合もあります。

例え強引に転職出来ても家族との確執の原因やすれ違いの原因となることもあるため、先延ばしにせずにしっかりと向き合うことが重要なのです。

 

3.ポイントは転勤の有り無しや収入、勤務時間

 

転職会議の焦点となるポイントとして、転勤の有り無し、収入の増減、勤務携帯や時間があげられます。

転勤が歓迎かどうかは家族の状況次第ですが、もし収入が大幅にアップするのであれば家事手伝いを定期的に雇う等、妻や子供の負担を軽くする折衷案を出すこともできます。

収入の増減は非常に重要なポイントですが、子供の面倒や家事の分担などとセットにすれば多少の減収であっても受け入れてもらいやすくなります。

やりたいことがあっての未経験業種への転職はよっぽど貯金などに余裕がないと反対される可能性が高くなります。

この場合はやりたいことを重視するだけではなく、家族と一緒に考えて結論を出す事の方が優先される場合も多いのです。

転職失敗を招く嫁ブロックは相談で回避できる | 転職サイト[PROSEEK

 

家族に相談なしで転職は絶対NG

 

家族がいる場合は転職会議の重要性が増してきます。

・見通しが甘いとトラブルになる
・メリットを説明する義務がある
・ポイントを整理してしっかり話し合う

しっかりとポイントを押さえておかないと、離婚のきっかけや、反対がひどすぎて就業自体が出来ないなどさらに大きな問題につながる可能性があります。

独り身ではない以上は家族に対する説明義務や責任が伴うことを自覚し、逃げずに向き合うことが重要になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です