転職フェアのメリットと注意点とは

商工会議所や自治体、各種転職サービスの運営団体が行う転職フェアが存在します。これは様々な理由で職を失った人や、有望な人材を発掘するために行われているもので、会場と日時をして複数の企業の情報を一気に出ることができるものです。

一方で複数の企業が時間枠を区切って説明会などを行うため、深く突っ込んだ話が聞き辛いなどデメリットも存在します。

 

1.複数の企業の生の情報を聞くことができる

 

転職フェアは合同企業説明会として開かれることも多く、様々な企業が集まって多くの情報に触れることができます。時間制で何回かに分けて企業側の説明会を開くのが通常で、会場に出入り自由、どの説明会に参加するかも自由なケースが多くなっています。

効率的に会場を回ることも重要で、目的意識がしっかりしていなければホームページなどを見て調べる程度の情報しか得られないこともあるため注意が必要です。

事前に企業の情報を調べた上で、より深く聞きたい質問を用意していった方が時間を有効に使えます。担当者の生の声が聞けるのも醍醐味といえます。

 

2.滅多に求人を出さない企業が出ることも

 

転職フェアの大きな魅力の一つが、あまり求人情報を出さない企業に出会える可能性があることです。

非公開求人や地元に絞り込んだ採用を行っている企業も多く、普段触れられない情報も多いことから、珍しい企業が参加しているときだけ転職フェアに行くと言うのも一つの方法です。

キャリアアップに役立つ企業や、優良な中小企業であるケースも多く一つの目玉となることもあります。なかなか情報公開が行われない場合もあるため、転職フェアの積極的な予約や問い合わせが重要になってきます。

特に参加企業の除法が公開されていない場合は当日行っても時間の無駄になってしまうケースも存在するため、業界動向を知りたいなど大まかな括りでなければ避けた方が無難なのです。

 

3.そのままエントリーに繋がることも

 

同じ転職フェアに参加する企業であっても考え方は異なっており、説明会に参加した後にそのまま直接エントリーシートを提出し、転職活動のきっかけにつなげることができる場合もあります。

履歴書が必要か不要かを確認しておくことも重要で、場合によっては郵送で履歴書を送るように依頼される場合もあります。

説明会で興味を引かれなかったらエントリー自体をしないのも方法で、主導権はあくまで自分にあることにも注意する必要があります。惰性でエントリーしても時間の無駄になることもあるため、断る時は断ることも重要なのです。

意外と知らない転職成功者の「応募数の法則」|転職エージェントのアデコ

 

転職フェア活用のポイント

 

転職フェアには以下のメリットがあります。

・現場の生の声が聴ける
・滅多に求人を出さない企業が参加することもある
・エントリーに繋がることもある

様々な企業が参加するため、無目的で行っては何もつかめずに終わってしまうことがある点は注意が必要です。必ず参加企業の事前確認を行うことは重要で、行き当たりばったりでいっても時間を無駄にする可能性が高くなるだけです。

ホームページなどでも多くの情報を収集できるため、それ以上の情報や、珍しい企業の説明会に参加さるなど、自分に生かしやすいポイントを整理しておくのがポイントなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です