直接応募をするとどのようなメリットがあるか

転職活動で何らかの求人に応募する場合、2種類の方法があります。直接応募と呼ばれる方法と、サイトを経由する方法があるのです。

どちらもそれぞれメリットやデメリットがありますが、総合的にみればサイトを経由する方がメリットは大きいです。

 

1.サイトを経由せず応募する方法

 

例えばどこかのサイトにて、ある会社の求人を見かけたとします。そして求人広告には、大抵は会社のメアドや電話番号なども記載されているのです。

実はそこの窓口から、直接その会社に対して応募する事も可能なのですね。サイトを経由して応募するとなると、大抵は所定のボタンをクリックするでしょう。

しかし敢えてそれをクリックせずに、自分で直接電話などで問い合わせをして、応募してみる方法もある訳ですね。

 

2.直接応募の早さに関わるメリット

 

その直接の方法によるメリットとしては、まずスピードが挙げられます。サイトを経由して応募する事も可能ですが、それは若干時間がかかるのも事実ですね。

応募者と転職希望先との間に、サイトが入ってくるからです。間にどこかの業者が入れば、大抵は時間がかかるものです。

しかし直接の方法は、間にどこかの業者も入ってこないので、日程調整などのやり取りは比較的スムーズなのですね。

 

3.採用のスピードにもメリットが

 

また応募する時の早さだけでなく、採用も同様です。直接のやり方の場合は、合否が出るまでのスピードも比較的早いのですね。

サイトを経由すると3日前後かかるケースもありますが、直接の場合はそれよりも1日ほど早まるケースも見られます。1日でも早く働きたい時には、直接の方が良い事もあるのです。

 

4.話しづらい事を代行してくれる

 

逆にデメリットもあります。まず条件などを確認しづらい点です。転職活動を行う場合は、希望する勤務先と給料の交渉を行う事もありますが、それはなかなか自分では良い出しづらい一面もあるでしょう。

直接の場合は、それを自分で言わなければなりません。しかしサイトを経由すると、その交渉などは代行してくれるのですね。言い出しづらい事を代行してくれる訳ですから、かえって応募しやすい一面もあります。

 

5.お祝い金が発生する

 

それとこのメリットが大きいのですが、サイトを経由して応募をした場合は、大抵はお祝い金が発生します。サイトによっては、その金額がかなり大きいこともあります。

ある医療関係の転職サイトの場合は、最大で20万円まで支給されるのですね。しかし直接応募した場合は、それは支給されないことになるのです。

ですのでお金を受け取れるという意味では、サイトの方がメリットは大きいでしょう。ただしそのお金を受け取る為には、いくつかの条件を満たす必要もあります。

 

速さ重視なら直接が良い

 

以上から、

・早さを求めるなら直接応募がベター
・サイトには代行してくれるメリットが
・サイトにはお祝い金がある

2つの応募方法には、このような違いが見られます。総じてスピードを求めるなら直接応募がおすすめで、代行などを依頼したい時にはサイトを経由して応募するのが良いでしょう。

転職活動にも旬がある?転職にちょうどよい時期はいつ?|とらばー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です